title_i_out03

北日本新聞社の歴史のご紹介

明治17年1月18日 北日本新聞の前身「中越新聞」第1号発行
明治21年7月5日 「中越新聞」を「富山日報」と改題
昭和15年8月1日 富山日報、高岡新聞、北陸日日新聞、北陸タイムスの4社が統合して、
「北日本新聞」第1号を発刊
昭和20年8月2日 米空軍の空襲で社屋全焼
疎開先の寺田工場(旧新川村)で印刷、全国唯一の無休刊記録をたてる
昭和58年7月16日 置県100年、にっぽん新世紀博覧会開催
昭和59年8月1日 創刊100周年 朝刊20万部を超す
昭和62年10月31日 高岡支社の新社屋完成式
平成元年6月 新工場完成 地方紙初のフルカラー8ページ輪転機稼働
平成4年7月 新CTS稼動
平成6年7月5日 新社屋完成式
平成6年8月1日 創刊110周年
平成8年7月 カラー16ページ印刷が可能なタワー型新輪転機増設
本紙最大40ページ体制実現
平成9年7月7日 本社内にコミュニティーFM「富山シティFM」開局
平成9年11月28日 新川支社完成式
平成12年6月2日 とやまソフトセンター設立
平成13年1月 朝刊23万部超す
平成13年4月5日 砺波支社新社屋の完成式
平成14年4月25日 月刊情報誌「02(ゼロニイ)」創刊
平成14年6月1日 「愛のひと声運動」スタート
平成16年5月 朝刊24万部超す
平成16年5月13日 月刊情報誌「まんまる」発刊
平成16年8月1日 創刊120周年
平成16年11月1日 南砺総局を開設
平成17年9月1日 射水総局を開設
平成18年3月28日 「越中富山ふるさとチャレンジ」実行委が発足
平成18年6月21日 「越中を自慢する会」設立記念細川護熙氏講演会を開催
平成18年7月26日 新制作拠点「創造の森 越中座」稼動
カラー40ページを含む48ページ体制が実現
平成21年8月1日 創刊125周年
平成21年12月28日 同日付をもって夕刊休刊
平成22年1月1日 ウェブ新聞「webun」スタート
平成23年9月1日 氷見総局を開設
平成25年3月1日 販売局を読者局に改組
平成26年8月1日 創刊130周年